2017年07月14日

「牧場主の娘」「泡」

IMG_0182.JPG
牧場主の娘

IMG_0163-c5131.JPG
posted by 若菜 at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

神奈川新聞の下野さんがアトリエに


IMG_0160.JPG
「流動」
本日は神奈川新聞の文化部の記者である下野さんがアトリエに取材に来てくれました。丸木美術館の取材を埼玉県だから、有料なのもあって取材を断ってしまった、と、私のオファーを覚えていてくれ、今度は神奈川県の人がロシアで個展との話でOKだと…やはり顔のある人、が覚えていてくれて、ジ〜ンとしながら取材をして頂きました。下野さんは「鳥を、撮ってもよいですか」と聞いてくれました。今の死を意識した部分、過去に見た事を画面に出していく部分と馬の鬣や耳が鳥になる部分に希望を見出してくれました。木の下の怖さの中にいる馬や、変死の様子をじっくりみてくれました。彼女が帰った後、鳥をもっと描き足しました。そうかと、単純でした。形はいつも流動的で影響され気がつかされ変わるのは、なんだからしいのではないかしらと。昨日の渡辺さんの意見もしかり私の絵は関わってきた人の意見によって作られてもいるなと。意見を有り難く頂きながら絵に向かいあおうと思うのでした。


posted by 若菜 at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

「怒り、悲しみ、そして生命」33×45cm 東御市梅野記念絵画館 7月2日〜9月24日

20170712103329-0001-ad3f3.jpg
20170712080339-0001-cf6a7.jpg

渡辺正男さん、敏子さんご夫妻が購入して頂いたこの絵に名前をつけてくれ、第17回「私の愛する一点展」にて発表してくれています。
先日この冊子を送って頂き、はじめて知りました。選ばれ、名前をつけられ、渡辺さんご夫妻によって「絵」になったような感覚を受けました。
渡辺さんご夫妻は郡山に住んでいて娘さんは東京に避難されています。そして丸木美術館にもお越し頂きました。今回、とても感動しました。感謝をこめて紹介させて頂きます。



posted by 若菜 at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする