2018年05月23日

最終日6日目19日

IMG_8911.JPGIMG_8892.JPG
IMG_8897-edb6c.JPG
IMG_8890-cfcf1.JPGIMG_8901.JPGIMG_8900.JPG
5月19日、搬出が終わり帰路でした…と書きながら寝落ちしてしまいました。20日の朝です。

個展にお越し頂いた方々、FBに載せて頂いたりご覧頂いた方々、昨日もご来場くださった方へ、本当にどうもありがとうございました。昨日だけ感想がメモできませんでした。でもずっと感想を頂き、思いはあふれるばかりです。あの空間ではたくさんの糧を頂きました。

今まで。会場にいることが私は出来ていなかった。中学生の意見は1日で凝縮してたくさんの意見が聞けたから入ってきやすかった。

本当は絵を、場で、みてくれた人の意見はとても大切で、大人や子どもの枠なく意見を幅広くきき、中には私にすっと入る感じもあり、それを大切にしたいし、ずっとしてこなかった事を悔やみました。見た方と一緒に体感し変化する、そんな絵なのだということにも気づいた今週でした。今回、会場に以前に比べずっといることができ、改めてそうだったんだな…とポワポワ回想しています。極東美術館での、わさわさした感じを思い返し似ているな…とも思います。わたし色、線に埋めつくされた幸せ空間。でももう、さよなら空間、さよならロシア…と、四國光さんともお話できた事もあり最後は同じように寂しくなりながら、さよなら中和…そんな昨日でした。

ただ今回はすぐ福島県のGOG、ギャラリー・オフグリッドにて7月30日から9月28日までの展示が決まっていて、お盆休みの夏休みは福島の会場におります。岡村幸宣さんとの対談も8月25日か26日のどちらかに決まっていて、この次の週末は福島の会場にて、個展の打ち合わせが決まっています。図面では、迷路みたいな反芻を、人を含め動物の身体の内部を旅する展示にしたいと思っております。あとは会場を見て決めたいです。

個展の展示は終わりましたが、今日、日曜は銀座アートホールにて、実在派展会場にて昼から5時までおります。休みがないので身体が不安でしたが後半今は、皆様から頂いたエネルギーがほとばしり健康です。はやく絵が描きたいです。

頂いた感想は大切にあたためてこれからも描き進めていきます。本当に夢みたいな一週間でした。私が在廊していなかったり失礼な事をしてしまったり、配慮が足りなくてお話できなかったりした方々へ、大変申し訳ございませんでした。

さよならありがとう、中和ギャラリー。
皆さま、本当にどうもありがとうございました。
posted by 若菜 at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山内若菜個展5日目の18日

5日目の18日です。明日はもう最終日だという事が信じがたく、もっと展示していたい気持ちです。まずは本日ご来場くださいました皆さま、本当にありがとうございました。今日頂きました感想の一部を記述させて頂きます。

「皺がいい。皺が生のリアルな感じを表している。牛のミイラ化したへばりついた死体、あばら骨みたいに表面マチエールが見える。神経の亀裂のような紙の亀裂に心が入る事ができる。羊の帽子で行進したヨーゼフ・ボイスを思い出すヤンバルクイナ。ベルリン。」

「ピュアな魂。入ってすぐに、よだかの星を思った。宇宙みたいだと思った。」

「暗闇への畏怖。ラスコーの壁画のような世界と繋がりたい行為のよう。この絵を第五福竜丸の周りをグルリと囲むのもありかもしれない」

「オリンピック開催に合わせ、この被曝の実際の絵を外国の方にみてもらおう企画をしたらどうか。グループでも何でも、そりゃオリンピックは反対だけど、やるからにはもう、そんな反対運動に通じる動きがあっても良くないか。」

「生きてる。というメッセージ。
年輪のような中を、生きるんだ!とほとばしる、生き物の生きている感がすごい。ペガサスはそう叫んでいるのか」

「これは、ガマ?」

「ここにいると心地よい。水平線がある。」

「時を感じる。今の時を、未来からみた
福島の絵みたい。でも高江でもあるみたい。美しい森が壊される風景。ビリビリした。ビリビリ。洞窟感。」

「入口が地球みたいに緩やかな地球線ではじまるのも良い。地球に包まれている感がする。」

「明るいものを描けるのは、暗闇を見た人。」

「絵など描いていられない。そういう作家が多かった。でものめりこんで病まないように。」

「神話みたい。」

皺と地平に視線が集まった本日でした。ライトを微妙に落としました。
IMG_8946.JPGIMG_8879.JPGIMG_8944.JPG
posted by 若菜 at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山内若菜個展4日目の17日

4日目の17日です。ご来場くださいました方へまずは本当にありがとうございました。今日頂きました一部を記述させて頂きます。明日は画廊が始まる12時から在廊します。

「私も、どんな影を見せるかを考えている。昔は飛行機の影を描いた。乳母車の命の影を描いて葛藤している最中。」

「あなたが繊細な方な事がわかる。優しい方なのでしょう。絵で伝わってくる。だからでしょう…会場では会話が気になる。会話や声がしていると絵を見る事が出来ない。人の声がすると散ってしまう。それくらい繊細で優しい絵だから、会場の雰囲気はシーンとして欲しい。誰もいないなかで発揮される絵。」

「死を描くって、体験した事がないことを描き、起源を描くって、経験したことを描いてている。」

「海、水の中にいるような気持ちにもなる。上が土、空が下にも見える。メルトダウンを連想させる。」

「基本は、フィールドワークがあるのでしょう」熱くなって描きたくなるのが基本にあるのかとやはり思っていました。
ブルーは希望の色。」

「麻生三郎にならうとよかった。本を読み、哲学を読み、歴史や他、勉強が足りるかどうかが肝心。今からなら間に合う。これからどうなるかが見たい。」

「牛は神の使いというイメージがある」

ロシア。ウラジオストクでの発表につながる話。「私もデモに出るの。やはり運動と絵はどちらも大事だと思う。」

想像の方が超えた希望の一本松のお話。

「揺れているのが良い。動き。潤み。」

「小さいのが安すぎる。」

紙版画を水性のものでやったり昆虫の謎のコツワークショップのお話。黒い紙。透明うちわも興味深々なお話。

第五福竜丸のお話。休館されるお話。

吉澤さんがレジェンド発言をして奮い立っていた負けない姿勢のお話。

「これから国会前に行く。」エコバッグには9の大きなアピール。

…私の絵は今回は、まるで洞窟みたいだという事。だからこそ空間が声や雰囲気、人の数で違うものになる感覚。この洞窟で同胞者もひとつにならざるを得ないのでした。繊細で響く、微妙な内部は、柔らかく脆くて。確かにそういう感覚に気がつきました。第二会場へと逃げ場はあるものの、狭さに包まれた感の中にある落とし穴です。会話自体響くに耐えうるようなモードにしてしまうのも手かと思い試みたりして…でもいつもシーン空間はつくれないと失敗。

どうしようこうしようか次はああしようと、そんな中でしたが、馬の影と馬喰三代の主の影を描きたいと思っていました。いきもの同士の影をしっかり大きく。空に飛ぶ鳥の影を描きたいなあと。空間に歪みながらも揺らがないものがあるような感じがまた出たいと。

今日は、お名前を、間違えてはならないと思いすみません記述はしません。

在廊が2時からになってしまい、はやくお越し頂いた方に、お会いしたかったです!お会い出来なくて残念でした。申し訳ありませんでした。写真は唯一今日私の携帯で撮ってもらえた鎌倉近代美術館に勤務されていた山内舞子さんとダブル写真でした。山内さんの提案してくれた写真案は斬新で面白かったです。
IMG_8873-461c3.JPG
IMG_8930.JPGIMG_8931-32d96.JPGIMG_8945.JPG
posted by 若菜 at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする