2018年10月19日

山内若菜 展示のお知らせです

573DCEA0-6F16-4EB3-B6BD-E612A686E2AC.jpeg26AAB2A9-08D8-425B-9D31-EAED0E284DE1.jpeg
left alone  内藤瑶子/山内若菜

鎌倉ドゥローイング・ギャラリー 
2018年11月1日(木)〜11月11日(日)
10:00〜18:00 ※11月5日(月)休廊
(山内 3.4.10.11 土日曜 在廊予定)

〒248-0012 鎌倉市御成町6-24
TEL 0467-61-1950

今回は茅ヶ崎に住む画家の内藤瑶子さんとの二人展です。私は「オマージュ-m」シリーズの小品を発表します。以下私の思いです。

福島展を終え、見えなかったものが見えてきました。そして「名前のある命」「顔のある命」を描きたい気持ちがより大きくなりました。今回は、人形作家 宮崎郁子氏のシーレの人形を見て共振し 描いた「オマージュ-m」を発表します。子どもの人形の顔、自分自身を見つめるようにその表情は、生命力ある表情のように入魂 発露を思いました。入れるような表情を描けるように模索中です。自分以外の過去に制作された作品を今の自分が取り入れ、生命のうねりがうずを巻いて未来へ、そんな生命活動の進化への道のヒントを9月26日にいただいてから、約1ヶ月間弱で描いた小品たちです。どうぞよろしくお願い致します。

posted by 若菜 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: