2017年08月09日

極東美術館オープニング

IMG_1092.JPGIMG_1135.JPGIMG_1139.JPG
一生忘れられないオープニングでした。沢山の方々に会場に集まっていただき、担当の芸術学者〔学芸員〕リユーダさんとのオープニングレセプションで始まりました。
ナナイの民族の作家、バラノワアナさんや、若い美大生や、有名な画家さん方々や、日本人の留学生や、ハバロフスク政府の方や、チェルノブイリの事故を知らない若い方や、コムソモリスクナアムーレの知り合い…
リユーダさんは、絵は、ゲルニカもある。福島のこと、忘れてはいけない事を未来につなげる事が大切。極東美術館みんなが、希望が垣間見えるこの展示を、とても大切な展示、大きな支持をすると言ってくれました。
リユーダさんもサッポロスカヤバレンチナ館長も、今、必要な展示だと言ってくれました。
質問も沢山あり、〔みんなで描こう友好の窓〕をテーマに描く事を、紙を用意し提案しました。
悲劇から転じて、ホッとしました。ハバロフスクはお湯が出ない場所が多く、昨日は水を浴びて寒すぎたので、小さな桶のお湯ばりをつくってもらい、ますますホッ…でした。
IMG_1084.JPGIMG_1166.JPGIMG_1072.JPGIMG_0915.JPG
posted by 若菜 at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: