2017年07月19日

浴衣のЯпония художник

浴衣のイポーニカフドージユニク

5年前か、私はロシアのコムソモリスクナアムーレにあるお宅の温室で、みんなを喜ばせようと浴衣を着て絵を描いていました。ロシアでは窓辺やその周りの一室を小さな温室にして植物を育てている家が多いのでした。髪留めまで持参してみんな大喜びしてくれたけれど、道化師みたいな滑稽な遊女風。着物の絵を持参したら喜ばれるかしらと過去の珍場面でした。そしてロシア語の勉強を再開でした。
持っているの扇子ではなくボロボロ筆です。


IMG_0313-dcb3a.JPG
posted by 若菜 at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「親子の骨のある牧場」

IMG_0311.JPG
化石のように死産だった親子の骨がある…または青い地下に眠る骨のある牧場風景です。最近は日課のように大きな作品の為のドローイングをアップさせて頂いております。雲もおずおず出てきています。

IMG_0308.JPG
実は立体になっております。

posted by 若菜 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする