2017年05月07日

白い点 黒い点

IMG_8406-9d362.JPG

IMG_8410-0e9d0.JPG
4.6×2.4m

向こうに見える排気筒に対し翻る牛がそこにいました。そこから漂う黒い点、身体には抵抗する白い点、斑点牛。広がる牧場。餌をむしゃぶる牛達、向こうに気付く牛。あの入り口から見た風景、そのもの。風景という生き物。

私は朝陽にも黒い点にも挑むような牛の毛をキラキラさせ翻る様子に感動し、こんな自画像でありたいと思いました。牛へ隠喩。たたかう意思を、希望の意思を私の絵の方向を示唆したい挑みたいです。

この作品は銀座アートホールで実在派展で展示します。5月15日から21日まででした。詳細はまたお知らせさせてくださいませ。

posted by 若菜 at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚染牧草を食べる牛

IMG_8411.JPG
右下部分。汚染餌を食べる牛達。太る牛と痩せ牛の二極化が進む浪江町の牧草の牛達は放射能がたくさん入った餌を食べ遺伝子は嫌がるも餌をむさぼり食べている。単純ではない答えのなさに牛は牛として描こうと早朝から4.6mの絵に向かう。気付く牛を描く。全体を見て行ったり来たり、横にはり下にしきの繰り返し。このアトリエの場所は発見、自己否定でなく自己肯定。自分の可能性を引き出せる場。自分の絵が好き、絵と真剣に向き合う自分が好き、そんな風でよいのでは?なんて。連休の数々の学んだ事の一つでした。

IMG_8408-9b8d1.JPG
青い空気があるから黒い牛の身体が綺麗、な画面にしたい。オーラが立ちこめたい。
posted by 若菜 at 10:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする