2017年01月14日

「加藤史郎銅版画工房」さんにて

IMG_6571.JPG
IMG_6573-9a618.JPG
IMG_6574.JPG

「あゝ最悪」を銅版画で試し刷りしました。何十年ぶりの銅版画。そして初めての腐食体験をさせて頂きました。3月の個展で出したい、ロシアに持っていきたいと希望がありましたが削る道具も初めての感覚でした。長く学ばせて頂きたい気持ちです。「翻る牛」はまだ腐食中でした。硫黄を焼いたりと感動しました。加藤先生のおかげで銅版画ってすごく可能性があって面白い事がわかりました。ひどい作品、、と上から描こうとしたけど、線や形の美しさを消すようだから止めました。版画には版画の素材、素の美しさがある、線や面を学びたいと思いました。
posted by 若菜 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする