2016年11月15日

見えたもの。原始的な形にタッチ。


IMG_5449-9a6d6.JPG


感想の中で「驚いた」という多くの意見があったのが、私の、見えた、という言葉でした。講演会で牧場を説明する時に「牧場主の守る、と声を出している頭から、ペガサスが駆け上がるのが見えました。」そんな風に出てきたような説明したところ、「自分で描いているのに、見えたって何?」「何かが降りて来たのか」「なぜそういう言葉が出るのか」と不思議で仕方ないみたいでした。また、「今日絵を見て画家になりたいと思った。お金になるのか?売れるのか?」という質問に、売るために描いているわけではない。自分の目を通した世界を見てもらえるって楽しいと自由さの話をしたところ、びっくりしていて、それに対して私がびっくりしました。売るが先にある画家のイメージ。表現するのがあとからつくイメージなのかしらと思いました。

絵をいかに描くか、造形的にも人間が本来抱える原始的な力、見る人に新たな物語を見させたりする、見えたりするその力を感じてタッチを感じながら。







IMG_5447.JPGIMG_5446.JPGIMG_5445.JPGIMG_5444.JPG
IMG_5443.JPG
posted by 若菜 at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする