2016年11月08日

開かずの間から

IMG_5304.JPG
「開かずの間から」
月桃の花歌舞団の「ガマ人間あらわる」の劇中で、こもりがちな仮説住宅の間から、おばあが出てきて、気持ちを言ったらスッキリしたというシーンがありました。絵を描きながらそれを思いました。
でも私は昨日のシーツくらいの大きさに、声をあげていくようにのびのび描いていくのが好きなのかしら。絵モードフル回転していけるというか。人の声のために共鳴した脳内が、ホクッとサクっと、喜んでいるのがわかるのです。
posted by 若菜 at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする