2016年10月01日

映画一作品を凝縮「絵」


自分も絵の物語を考えました。

神奈川県立近代美術館 葉山館へ「クエイ兄弟 ファントムミュージアム」を観に行き。(今月10日まで)ストーリーが、見かたが、導入が、人形の造形、色んな事がとても勉強になりました。
美術館もお客さんでいっぱいでした。

IMG_4704.JPG
展示してあった人形「三輪車に乗ったギルガメッシュ」を思い出して描いたら牛に。こんな面白い人形もたくさん空間の中をさまよえるような中に展示されています。

IMG_4700-58e89.JPG
この絵「牛と木の物語」を、ガラスから見た感じに描いてみたくなり、藤沢のアートフェス作品の展示も二箇所で観て、素敵な線みたいな音色のバイオリンをきいてソワソワ、帰ってからすぐ描きました。画面を創作する、映画を一枚に集約されたようなのが絵なんだなあ。私は思いを込めて画面に込めたい気持ちになりました。絵は一枚、されど映画一作品なんだなあと。


posted by 若菜 at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする