2016年05月05日

牧場

image-fcccc.jpg
image-85362.jpg
希望の牧場の牛たちはかわいそうかな。
何百の牛が放たれる瞬間。
モサモサ食べている無心な動物。
精液を含むおしっこのにおいに興奮し、われよと群がる雄。雄叫びをあげ、夜はスヤスヤ寝る。誰にも殺されず、たまに浸食に落ちて事故死はするけど生きている。

帰らせないよ、と言っていた吉澤さんを思うとそうかもしれない。でも牛は・・

生かす意味を一緒に考えて欲しいんだ、この証拠の牛を。

そう言っても、増やしすぎよ!とお姉さん。

だってさ・・絵になるだろ?弟吉澤さん。

絵になる。絵にはたくさんの牛。
吉澤さんは人間らしい人間。
そして生きる牛。かわいそうな牛が生きているのではなく、牛はそこに生きられ、たくさん草、餌を食べて生き続けていけているんだなあ。そして吉澤さんだけでなく、様々な方がサポートしている牧場なんだなあ。切なくもなり、力強くもなりながら絵を進めていきました。



posted by 若菜 at 20:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする