2016年05月18日

痩せた牛に、そこはかとない色気

image-96b1a.jpeg
を感じていた。のに、私は大きな絵では表せていないんだと今描きながら思う。いつも気がつくのは後、展示するたびに・・最中に終わるたびに。

image-6fd8b.jpeg

image-ef5b4.jpeg

image-5bb80.jpeg

posted by 若菜 at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

場のあり方


改めて。
絵を、会場というスペースで見てもらえる事は、幸せなことです。
丸木美術館は一生の一大事・重大事件として記憶になる事と思いますが、あわただしくホールや施設で展示していき今回は、改めてその差が実感できました。
最初、銀座で、「殺処分を拒否して、、」と説明していると違和感があって。待てとレッドカード出て。
それで「牧場 息吹 です」と言うだけにする。聞かれたら答えるけど、それ以上自分からはやめておく。
絵でみてほしいけれど、伝え方は、、考えてみます。この空間、この場所で発表できることを、いままで軽んじていました。

評論家の方が、男目線があるんだ、、なぜ気がつかなかったんだろう。
と言っていました。男の目線のエロっぽさがあると。牧場を描いても
人体がある、そこに恥ずかしさ、エロチズムがあるんだ、、とか。
恋愛だって、途中が良い。その途中のそれがあるんだ、、とか。

面白い事言って頂けるなあ、と思ったのでした。
うれしかったです。そして月曜日はいろんな方が来るから、
銀座の月曜日は本当に重要なのだなあ、と思いました。

こんな、パネルなしでそのまま絵を展示してくれるなんて。
しかも大きい絵を。2.4m×4.7mを。
この壁用、中和ギャラリー用に両方使えるように、の寸法でした。

また土曜日に会場に行けることを楽しみにしています。
image-d96a2.jpeg


posted by 若菜 at 23:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

実在派展で「牧場 息吹」の展示中のお知らせ

実在派展の16日、本日は初日パーティーでした。銀座で沢山のみなさんにじっくり観て頂き、嬉しかったです。
美術通信社の高木郁夫氏に沢山感想を頂き、丸木美術館に色んな美術誌や評論家の方々にも来ていただいた事を知りました。会の飲み会にも初めて来て頂いた高木氏は「私を一階の良い場所へ持ってきたこの会の勇気が素晴らしい。銀座でこんな作品は見れない。みんな刺激を受ける。未熟だけど、色として黒をどう捉えるかを考えて爽やかな黒が出ている。実在派は、ものの存在を、黒を、白をどう表現するのか悩み、どうしようもなくなってやっと出す、明治時代の意識の絵がある、光と影が共存する、最後の意識がある会だ。」とか(すみません)。後でしっかり批評してくれるらしいですのでそれを楽しみにします。私の絵は、無色透明で、においがしないらしいです。「この会を土台に、良い先輩に囲まれながら、もっと葛藤して欲しい。右上が甘い。葛藤をなくしたら、変な意味でこれでよいと思わず、この白を大切に」と言って頂き、他にも沢山の大切な事をお話頂きました。ハッ!と。応援してもらってばかりで、恩を形にしきちんとしなくてはと。やはり、自分のは不出来でも、きちんとお伝えします!
実在派展、グループ展示のお知らせ
場所・銀座アートホール
とき…2016年5月16日(月)〜5月22日(日)
(11:00〜18:30 最終日は16:00まで)
 「作家集団実在派メンバー14名に招待作家2名を加えた16名に依る5月恒例、全館を使っての作品展です。互いに刺激を受けながら、切磋琢磨をし続ける、作風・キャリアの異なる16名の作家たち。本年の力作の数々をご高覧下さい。」アートホールホームページより。私はこのグループ展で「牧場 息吹」の発表をしています。
時間が足りなくての発表となり、かなりお恥ずかしいです。来年か再来年の個展で発表するので、個展をおすすめさせて頂きますが、私は土曜日の午後からと、日曜日の午前10時から会場におります。
image-5ef89.jpegimage-fe1c3.jpegimage-26ebe.jpegimage-eb99d.jpeg
posted by 若菜 at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする