2015年12月09日

飯館村の細川さん宅の夜

細川さん宅に泊まった夜、飯館村がどんなに幸せで楽しかったか知ることになった。事故前、日本全国ダーツの旅というテレビ番組に出た細川さんは、村中が顔見知りで幸せそうな中で笑っていた。映像の中だけ、今はない飯館村の様子がそこにはあった。テレビに向かって陽気な細川さんがいう。
「1番気の荒い馬は、サラブレッドです。わたすら業界のものは山本リンダと呼んでいます。」‥え、何故ですか?「どうにも止まらない」
ピンクの作業服を着て。何故ですか?今度は私が聞く。「赤は赤字になっちゃうからね。」柵もピンクにただ今も塗り途中。馬に芸を仕込み、みんなを喜ばせようといつも細川さん。貴女が描きたいって言うから来たよなんてナンパ風にニコ。そんな細川さんという個人が好きで、その姿を描き、気が進まないけれど明日は大きな絵に貼り汚そうとしていく。今の絵にする。臼石は居住制限区域、現在は泊まってもいけないところになっている。家があるのに家の灯りはどこも灯されていない、細川さんちの灯りだけの夜。

あんな良い村をフレコンバッグの山にした。細川さんを暗くした。この罪の重さ、闇の黒さははかりしれない。
image-8ec0c.jpgimage-2892e.jpg
posted by 若菜 at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

小さいがつくる大きい絵

昨日と今日は、現場で跡を残したものをあぶり出すようにしていく。明日は小さいこの跡も大きな流れに貼ろう。大きい叫びが画面の根幹に白黒であり、今までのスケッチや現場でのスケッチを透けさせながら貼りあわせ、それが実は絵をつくっているという行為につなぐ、小さいがつくる大きな絵にしたいです。image-bec5a.jpg
posted by 若菜 at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

異質を同質にする

今日は異質さを組み合わせ同質にしていく。自然と共にあった生活は空気さえ怪しい物体感に。ただ、空気中も黒くなったり白くなったり、正しい基準のわからなさ、そもそも正解があるかわからない上に立ち、画面に死神みたいな悪が出てきて、必死で守る主を見る。立体を平面に置いてみる。全く違和感がない。異質な絵で模索、新たな可能性をここかと貼っていったりする。image-57204.jpgimage-77b77.jpg
posted by 若菜 at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする