2015年12月25日

きりりとを危うく

image-52299.jpg

きりりとした横顔をあやうく描いていく。全て断言する事は難しい矛盾だらけの中、両面が裏表ひらひらするような一時だけれど、かすめとるように呼び起こされる。細川さんの頬を紅潮させて怒る横顔。
image-51355.jpg

ここが被曝の牧場ですよと手を広げる、木の枝がのびる、を思わせる吉沢さん。
posted by 若菜 at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

具現化

今日は流れの部分、大切なシーンを実際のイメージに具現化させる部分も描いていく。協同制作は苦手だ一人が好きと言いながら、再現してもらうなど色んな人に協力してもらっている。イメージだけでは軟弱で、ただそれも必要で。絡み合い発見を見つけながらの作業でした。
image-feb69.jpg
posted by 若菜 at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

生まれる

飯館村の細川さんは、自然交配で繁殖させてきた。自然の力で増やしていく事に力を入れ、妊娠を目を細めていまだに喜んでいた。死ばかりより、もとの生活のまま、「生まれる」が見たいのだろう。ピンクの作業着を着て「死んでる。馬が死んでる」と声荒げに言う。山に向かう。そこには若いアジサイが死んでいた。フレコンバッグが帰り道の風景を覆い、画がシャットダウンされる黒に沈む日を大きな絵にする。現実を受け入れ闘うのとは違うかもしれないけれど、そのピンクを、カウボーイハットの下のハチマキを残していく。
image-d7066.jpgimage-7be2c.jpg
posted by 若菜 at 06:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする