2015年11月22日

愛する我が子とチュー

image-1f94c.jpg
細川さんの牧場は山の斜面の牧場の方は荒々しい草むらだった。草のエサがたくさん。よれた木がたくさん生えていた。上に向かい雄々しく生え、動物がそれをバリバリ食べる。その動物を我が子のように育て、芸を仕込ませ、都会でも暴れないよう手塩にかけた馬とチューをしていた場面もあった。スケッチをもとに、どんどん大きな絵に出していく。

posted by 若菜 at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする