2015年11月07日

蝕む形、内部に入る、大きい絵の展示を探る2部分、牛骨を持つ立体軸

本日の制作です。
本日は色々展示をまわり、丸木美術館の展示の件を東京新聞社に取材を依頼しに直接色々紹介を持ち込み。アトリエに取材に来てくれる話になった。記者の方は藤沢の不戦の誓いでライブペイントを毎年行う私のマイナーな姿を見ていてくれていたらしく、話が良い方へ。
image-1a83e.jpg
posted by 若菜 at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

弱い視線から

image-4fc56.jpg
希望の牧場の吉沢正巳氏の像
image-9281c.jpg
ジュゴンの叫び

古くて悪いものに対し、弱いけれど新しく良いものが光をもつような。そういう絵が見たいのかもしれない。古くて良いものもあるし、新しくて悪いものもあるけれど、4つの要素がぐちゃぐちゃしながらある。悩み混沌のなか描く立場から絵を描いて募金も頂きながら展示をさせてもらう。ヘドロから出たジュゴンの叫びのような、政治でも運動でも絵でもそれぞれが立場を越えてつながりあうような光のある絵が見たい。「自分が見たい絵を描く」というはっきりとした鴻池朋子氏の言葉にズキュンとし刺激を受ける。(つい先日FBでお名前も知ったのでした。すぐ刺激を受ける人)私はかぼちゃの皮に絵を描くのにも生へのコントロール感があり躊躇するからモジモジ。ただ、弱い視線者ながらでも観には行きたい。

posted by 若菜 at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

ベコだった骨、冷たい蹄、主の頭上から出るペガサス

image-82b8e.jpg
ベコだった骨

image-1af73.jpg
冷たい蹄を温める

image-26a82.jpg
主の頭上から出るペガサス
image-7a54e.jpg
本日の絵でした。タイトルで簡潔にした日。それしか私なら読みたくないかなと。我長くてうっとおしい、我が振りなおせでした。いや、タイトルが長いですから・・。
posted by 若菜 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする