2015年10月25日

声なき動物


image-68a0d.jpgimage-e4ee2.jpg
「声なき動物」という意見から夜、イメージを受け、私も動物になり寂しく一言も口をきかず落書きをする。素直な、大きく美しい動物を、軽々しく一言、殺処分。その怒りを私より率直、猛烈な怒りを言葉に出す若い方の意見に触発される。
posted by 若菜 at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

団結まつりと創造の丘展

image-517b0.jpgimage-1c460.jpgimage-3607d.jpgimage-fe54c.jpgimage-aa4d5.jpg


本日、亀戸の団結まつりの野外展示で丸木美術館の展示を宣伝。運動の方々が沢山集まる中、牧場の宣伝&交流、賛同金募金呼びかけをする。丸木美術館の会員さんも多かった。場所など話がすぐ通じ、普通のギャラリーとかなり違う、全く違うのだと思い知る。ただ風が強く、野外対策を練れていなかった。でも、ビラを配って宣伝などやってもらううちに、←私はおずおず渡す。沢山の運動の方々が興味深く牧場への思いを聞いてくれた。
ネットテレビや番組でとりあげてくれるお話もあった。
「声を出せない動物が、人間の都合で殺されるの、たまんないっすよね!」とジュゴンのお手製の小物をくれたり、「ぬいぐるみがあると子供が喜ぶ。署名と言うと逃げる親子が、これがあると垣根がなくなる」と男の方がぬいぐるみを器用につくっていたり、様々な手作りの感動があった。真剣に平和を考える方々、座り込みするなど運動の方々の話を聞き、チラシを置いたり配ってくれる約束もたくさんあった。場にいる事、団結しようの意識を交流しあうこと、〈M氏のおかげが多々ある〉それが大切に思えた。急いで帰って
藤沢の美術館をつくる展示、創造の丘に搬出、こちらでも彫刻家の方の、熊坂さんの核世界後の人間をテーマにした作品をみじみ拝見し、社会政治の話をしていただき、盛り上がる。
運動の展示でも美術の展示も1日で二つかけもちしたけど、どちらも社会の話で盛り上がる。熱い。福島の事を文化的に表現する人を応援する、という方もいる事を知り、運動の場に出ること、発表して語る練習をする事が大切だと改めて思いました。このロバは、、と、経過で展示するとやはりみんな興味深くたどる。
ただ、時間はもっと絵にかけていたいので、今は絵に集中したいですが、様々な方々との出会いも大切にしていきたい。帰って絵を描く。

image-fc2ab.jpgimage-814de.jpg
posted by 若菜 at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする