2015年09月23日

自分のムード

暗い中描く。まじない、発見し、また描く。壁画みたいに下の要素が違う複数の面とまたがるところに描き、すごいと感動し、あら、それほどでもないやと朝は落胆。1人が2人いるみたいに分裂画法になってきました。

また、自分のムードとは、について考える。
外と内の中、自分の考え、発した言葉、含めたものすべてを発表する。まさに生き方、働きかけ方、そのものすべてをさらけ出す素っ裸な世界なんだと思う。 

自分の内面世界だけの絵と、リアリズム、外そのもの絵を思い我が振りをみる。どちらもあり働きかける自分がいて、偏らずに私ムードでありたい、が理想なのかと。私的に酔いすぎず、関わりあいながら探り、自問自答し他問自答しやっていく、ムード。

昨日の夜の牛は見た目は白い雪の中を立つ。負けるかと立つ。象徴の存在、出てくる。それがウシミー。一見わからない。じんわり出てくるのを意図しないでか隠し、出すを繰り返す。私はこの、細かい連続の象である牛も好きだし、大きな大胆なウシミーも好きだ。つなげる自由な牛も好き。なんとかこれらを、どうにかしたい。
image-67e60.jpgimage-49278.jpgimage-caa6e.jpgimage-9a44e.jpg
posted by 若菜 at 05:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする