2018年04月17日

子宮会場の夢

IMG_8194.JPGIMG_7889-d004b.JPG
子宮の中に包み込まれたような会場を夢にみる。胎児のように包まれてみたいのかも。肉ひだでできた巻物の中にヤンバルクイナの嘴がプルンと光るようなイメージと、カラダ会場手が入り口の、自分しかわからないデッサン妄想をする。
posted by 若菜 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

4月1日の光

今月はじめに差し込んだ光。

いつもお世話になっていてFBお友達である野村長良さんが福井県からはるばる私の神奈川県のアトリエに遊びにきてくれました。飜る牛が野村さんに懐いているようです。野村さんは、被災地で働く人や頑張る人を支援する活動を計画的にしてくれています。私はこの日から本格的にアトリエでの個展シミュレーションをする日々です。

直接顔が見えない、でもやりとりや心の通いあい次第で見る事が可能でもあるフェイスブック上やプログをみてくれている皆様とのご縁を、改めて大切にしていこうと思う光と野村さんの絵でした。


IMG_7882.JPG
IMG_7928.JPGIMG_7927-3e97d.JPGIMG_7929.JPGIMG_7922.JPGIMG_7916.JPG
posted by 若菜 at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

5月 個展と同時期にグループ展のお知らせ

個展と同時開催の銀座アートホールでの実在派展のお知らせです。2018年5月14日から20日まで(個展は19日まで)です。私は牧場の第三部 「月食編(仮)木」を発表します。1枚の絵ですが2.4m×3.6mで4つの構成となります。画像は部分です。皆既月食の夜、私は福島の牧場を思って絵を描いていました。赤いオーラに、月から牧場をみたらこんな感じかしら等とも。明けと夕の牧場に降り注ぐ星は白い斑点にも見え、それがまばらに存在する星のイメージからこの第三部は始まっています。地の色に反射した地球の青が染み入る紙に素直に出てきました。今回の距離をとってみることができる唯一の作品です。どうぞよろしくお願い致します。


IMG_8044.JPG


IMG_8035.JPG
posted by 若菜 at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする