2019年07月03日

山内若菜 ロシア ハバロフスク–コムソモリスク 6.18-7.7

7.1.月曜日。本日はコムソモリスクのギャラリーメタモルフォーゼの私の個展のオープニングでした。地元のたくさんの方にお集まりいただきました。そしてワークショップでは大人や子ども、みんなで絵を描きました。最初にオーリャさんに経緯を分かりやすく説明していただいた後、私は二枚の絵を、海と大地の絵を説明しました。「しみじみした。」「感動した。心が強く揺さぶられた。」「こんな風に描きたい、僕は自分の絵をやぶいてしまう。でもこれからは描けそうな気がする。」そうあつく語る若い青年もいました。ロシアの大地に立つ少女という意味もあると説明しましたが、「まるでイコン」「顔がとくにイコン」という感想をたくさんいただきました。

そして、大人を含めたワークショップをしました。今回は下地を作って和紙を貼る用意をあらかじめ準備して乾かせる時間があったので、好きな箇所に白い色や和紙のある上に何が見えるか見ながら描く、としました。テーマは軸を友好 とし、御礼のあと「これからも宮本先生の思いを引き継ぎ、交流を続けていく努力をしてゆきたいです。市民の交流が大事だと思い、関係をつなげたいです。理解しあい、発見し合う関係を大切にしたいと思います。これから宮本先生と、宮本の絵と一緒にみんなで絵を描きたいです。」とあいさつしました。絵は、「線路 続く道」「冬眠」「ツビトーク  花」「朝陽」としました。

「あの場所には宮本がいた」帰りの車の中でオーリャさんに言ってもらえました。

7月2日火曜日。

コムソモリスクに建てられた「第二次世界大戦後、極東シベリア地域に抑留され、生還できなかった日本人捕虜の霊を悼みつつ、平和を祈願する碑」に手を合わせました。これを建立した一人でもある宮本惇氏の作品がコムソモリスク美術館には五百点あり一部を見せてもらいました。また、ナナイのコーナーが新しく出来ていました。 
午後は砂絵を体験し、この機械の作者のターニャさんの手作りの素晴らしさに感動しました。ワークショップでこれから砂絵が出来たらと思いながら、機材がいる事を生にしてしまえたらと考えていました。日本製品が活躍していました。
夜は写真家 バロージヤの家へ。古い家は、バロージヤの案内のおかげで見ることが出来ており、明日はラーゲリを見に行く事が出来ます。お礼に奥さんと二人の絵を描いて差し上げました。

7.3.水曜日。

コムソモリスク、ピュワ二へ行き、日本人捕虜の方が建て働いていたレンガ工場跡地や、アムール川付近の給水工場や、日本人が建てた美しい駅のトイレ部分や美しい駅の壁、日本人が使っていた病院跡地をみせてもらえました。ロシア人と日本人の混ぜあわせた墓に手を合わせました。コムソモリスクにはたくさんのラーゲリがありましたが今はもう建物はなくなっているとの話でしたが、
かけらでも木があれば見たいと言って草むらに入りましたが、ゴミがあるだけで何もありませんでした。70年も木はもたない。簡易的な木の建物だったとのお話でした。写真家バロージャさんによると1960年にはほとんどなかったとの事です。私が見たラーゲリは実は捕虜の方が建てた建物であった可能性があり、すでにラーゲリはどこも跡形もなくなっているとのお話でした。明日も違うコムソモリスクのラーゲリを見に行かせて欲しい旨伝えました。ワークショップでロシアの子どもが描いた日本人の働く姿に描きたしました。5F53BE73-156E-4EB4-A118-9AB72BE1E9DB.jpeg7C9141BE-FEC4-4160-90DD-B3C874D6DA38.jpeg0C0A3E03-91D0-4B1D-AB4B-85B5F9C3A311.jpeg5458D1D5-70DE-4334-B25A-0C0E90059CF0.jpeg4C470594-DB6B-479A-876E-BFCF2CB2808F.jpegE1295271-FA8A-4A81-9806-57632A4BEECA.jpegD2F18630-90C4-46A2-A5C8-E7E9CB3E7BB9.jpeg
posted by 若菜 at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山内若菜 ロシア ハバロフスク–コムソモリスク 6.18-7.7

7.1.月曜日。本日はコムソモリスクのギャラリーメタモルフォーゼの私の個展のオープニングでした。地元のたくさんの方にお集まりいただきました。そしてワークショップでは大人や子ども、みんなで絵を描きました。最初にオーリャさんに経緯を分かりやすく説明していただいた後、私は二枚の絵を、海と大地の絵を説明しました。「しみじみした。」「感動した。心が強く揺さぶられた。」「こんな風に描きたい、僕は自分の絵をやぶいてしまう。でもこれからは描けそうな気がする。」そうあつく語る若い青年もいました。ロシアの大地に立つ少女という意味もあると説明しましたが、「まるでイコン」「顔がとくにイコン」という感想をたくさんいただきました。

そして、大人を含めたワークショップをしました。今回は下地を作って和紙を貼る用意をあらかじめ準備して乾かせる時間があったので、好きな箇所に白い色や和紙のある上に何が見えるか見ながら描く、としました。テーマは軸を友好 とし、御礼のあと「これからも宮本先生の思いを引き継ぎ、交流を続けていく努力をしてゆきたいです。市民の交流が大事だと思い、関係をつなげたいです。理解しあい、発見し合う関係を大切にしたいと思います。これから宮本先生と、宮本の絵と一緒にみんなで絵を描きたいです。」とあいさつしました。絵は、「線路 続く道」「冬眠」「ツビトーク  花」「朝陽」としました。

「あの場所には宮本がいた」帰りの車の中でオーリャさんに言ってもらえました。

7月2日火曜日。

コムソモリスクに建てられた「第二次世界大戦後、極東シベリア地域に抑留され、生還できなかった日本人捕虜の霊を悼みつつ、平和を祈願する碑」に手を合わせました。これを建立した一人でもある宮本惇氏の作品がコムソモリスク美術館には五百点あり一部を見せてもらいました。また、ナナイのコーナーが新しく出来ていました。 
午後は砂絵を体験し、この機械の作者のターニャさんの手作りの素晴らしさに感動しました。ワークショップでこれから砂絵が出来たらと思いながら、機材がいる事を生にしてしまえたらと考えていました。日本製品が活躍していました。
夜は写真家 バロージヤの家へ。古い家は、バロージヤの案内のおかげで見ることが出来ており、明日はラーゲリを見に行く事が出来ます。お礼に奥さんと二人の絵を描いて差し上げました。

7.3.水曜日。

コムソモリスク、ピュワ二へ行き、日本人捕虜の方が建て働いていたレンガ工場跡地や、アムール川付近の給水工場や、日本人が建てた美しい駅のトイレ部分や美しい駅の壁、日本人が使っていた病院跡地をみせてもらえました。ロシア人と日本人の混ぜあわせた墓に手を合わせました。コムソモリスクにはたくさんのラーゲリがありましたが今はもう建物はなくなっているとの話でしたが、
かけらでも木があれば見たいと言って草むらに入りましたが、ゴミがあるだけで何もありませんでした。70年も木はもたない。簡易的な木の建物だったとのお話でした。写真家バロージャさんによると1960年にはほとんどなかったとの事です。私が見たラーゲリは実は捕虜の方が建てた建物であった可能性があり、すでにラーゲリはどこも跡形もなくなっているとのお話でした。明日も違うコムソモリスクのラーゲリを見に行かせて欲しい旨伝えました。ワークショップでロシアの子どもが描いた日本人の働く姿に描きたしました。5F53BE73-156E-4EB4-A118-9AB72BE1E9DB.jpeg7C9141BE-FEC4-4160-90DD-B3C874D6DA38.jpeg0C0A3E03-91D0-4B1D-AB4B-85B5F9C3A311.jpeg
posted by 若菜 at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

ロシアのみんなとの文化交流お知らせとお願い

6BD7F45A-A48A-40CC-B220-002F46C449D7.jpeg
ロシアに長期絵画の旅の中、お知らせとお願いがあります。
この旅の軸は、シベリア抑留忘れない文化交流から始まっています。抑留者であった宮本惇さんがつないでくれた仲間と広がるみんなとの交流です。コムソモリスクナアムーレにはラーゲリはじめ、多くの日本人が作った建物が残っており、宮本さんが亡くなった今年は、それを描きにもきました。旅でシベリアへ抑留された方が建てた建物をずっと意識しずっと描いています。シベリア抑留を忘れない文化交流と伝えられてきましたが、ラーゲリの中、厳しい寒さのなか働き続けた人間の手跡の気配をこれから描きたいと思っています。本日はバロージヤさんの案内で、日本人が建てた建物を見てまわりました。人はもうほとんど住んでいない場所も多く、工場跡地もあり、日本人がつくったとの話でした。

コムソモリスクではとくに絵は売れません。ここの地方の若い画家はモスクワやサンクトペテルブルクでの個展を夢見るそうです。でも私は、コムソモリスクが大好きです。自然と共に生き、厳しい中にも白樺の森に囲まれ、ミャウチヤンのような高い山があり、ナナイがたくさんいる。ラーゲリや日本人が作った建物がたくさんあり、日本人ともつながりが深い。ゆっくりした街にたくさんの草や木があり、浮世を離れ自然と生きる畏怖や共存の喜びを発している土地と人だからかもしれません。街の人は不親切な人もいますが、ギャラリーに携わる方はみんな親切ですし純粋な目をしています。仕事がなければ作り出せば良い、コムソモリスクのギャラリーを盛り上げようとみんなで頑張る姿に感じるものがあります。ただ、金銭的には厳しく私も続ける資金が不足し、呼ぶにも行くにも厳しいのが現状です。軸は、シベリア抑留を忘れない平和のための絵画交流です。

もしこのコムソモリスクナアムーレのギャラリー皆様と私の交流にご寄付いただけるなら、領事館の手続きの事情があり受入先として帰ってすぐお金を作らねばならない関係でお願いできたら幸いです。ご寄付していただけた方へ FBのメッセンジャーか、下記にメールを頂ければ幸いです。


こちらに住所とお名前をいただき、私の今回の絵と今回の絵の複製品の主なものなど、お土産を見繕いまして8月には送らせていただきます。一口2千円などお気持ちだけでも嬉しいのでどうぞよろしくお願い致します!8月のイーゴリーさんとの二人展でもがんばります。これから五日間はメッセンジャーもロシアで出来るので、朝と夜はご連絡が出来ます。振込先を下記させていただきます。

銀行名 横浜銀行
支店名 藤沢支店 611
口座種類 普通
口座番号 1347891
口座名義 鈴木若菜

どうぞよろしくお願い致します。寄付の事など金銭的な事はあまり書かないようにしたいのですがすみません。




C82EE9A2-827F-49D8-9438-B25BDB3A1C2F.jpeg

186E4CA2-CDA7-405E-804A-18D386656E18.jpeg



DB235BCD-D23A-4A94-9930-2917CFB6C287.jpeg


0CA3FAEE-F222-461B-933F-3EB3AFD64B98.jpeg2ADD7429-7B80-48A6-9469-DBB734C65C39.jpegFE872714-1705-499D-BDDB-77B3B61F2660.jpeg8DC04420-0CB3-4B57-8526-9C689925F2CC.jpeg
posted by 若菜 at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする